お出かけ・グルメ

杉乃井ホテルの棚湯を日帰りで!料金やタオルやアメニティと詳細

2018/04/23

スポンサードリンク

杉乃井ホテルは大分県でも有名な大型ホテルです。
その中でも名物の1つが温泉の棚湯!

宿泊客はもちろん入れますが、日帰りの方も利用できますし、
その棚湯の迫力と景色の美しさは、日帰りでも十分行く価値がありです。

でも日帰りの場合、料金や値段はもちろんのこと、
タオルやアメニティなどの情報がわからないと準備が大変ですよね。

今回は杉乃井ホテルの棚湯に関してのあれこれ詳細を調べてみました。
742549

スポンサードリンク

杉乃井ホテルの棚湯ってどんな温泉?料金など基本情報

棚湯の基本情報を確認して行きましょう!!
宿泊客はもちろん入浴できますが、日帰り客も入浴することができます

でも日帰りで行くほどの場所なの?
値段によっては行こうかな・・・
なんて方も多いハズ。

そんな迷っている方のためにも、まず料金や棚湯がどんな所なのか見ていきましょう!

 

杉乃井ホテルの棚湯〜基本情報〜

■利用時間
・宿泊客  5:30〜24:00
・日帰り客 9:00〜23:00(最終入場 22:00)

■アクセス
【電車・バス】
別府駅からタクシー、路線バスで約10分
※別府駅⇔杉乃井ホテル 15分間で無料シャトルバスあり

【車】
無料駐車場が1400台あり
※土日祝や連休は並ぶ事もあるそう

■お風呂の種類
・棚湯・・・・・約1,200坪の名物温泉
・樽湯・・・・・直径150cmのヒノキ材で作った樽湯
・展望サウナ・・別府湾の眺望が楽しめるサウナ

棚湯はその名の通り、お風呂がだんだんと5段に分かれており、
やはり名物だけあってそのスケールの大きさと景色の良さがハンパないです。

【棚湯の詳細】
1段目(最上部)・・・ ガラスで仕切られた内湯
2段目(半露天)・・・ 屋根のひさしがあり、雨天でも雨に濡れず入れる
3段目(露天)・・・・ 最も幅が広い
4段目(露天)・・・・ 東屋とつながり足湯もあり
5段目先(端部分/露天)・・・寝湯もできる

 

■入場料金(棚湯とザ アクアガーデンは税込)
「大展望露天風呂 棚湯」 & 「ザ アクアガーデン」の入場料金です。
↓2018年1/19~3/31

大人(中学生以上) 小人(3才~小学生)
平日 1,200円 700円
土・日・祝日 1,800円 1,100円

↓2018年4/1~4/8

大人(中学生以上) 小人(3才~小学生)
全日共通 1,800 円 1,100 円

↓2018年4/9~5/2、5/7~7/31、9/1~10/28

大人(中学生以上) 小人(3才~小学生)
平日 1,200円 700円
土・日・祝日 1,800円 1,100円

↓2018年5/3~5/6、8/11~8/15

大人(中学生以上) 小人(3才~小学生)
全日共通 2,500 円 1,500 円

↓2018年8/1~8/10、8/16~8/31

大人(中学生以上) 小人(3才~小学生)
全日共通 2,000 円 1,200 円

いかがでしょうか。
かなり細かく分かれてますよね。

日にちによって細かく変化するので注意しましょう

 

杉乃井ホテルの棚湯のタオルやアメニティは?

温泉施設で気になるのがタオル、シャンプー、コンディショナーはあるの?
更に女性なら化粧水などの情報も気になる所。
これらの有無で持っていく荷物がかなり変わりますよね。
お次はこのようなアメニティ情報を調べてみました。

 

■シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ

この辺りの最低限のものはしっかり置いてありました。
私が行った時は種類も安いものではなく、そこそこのものだった記憶があります。

おそらく旅館にありがちなものではありますが、
使った後に髪がキシキシになるほど安いものではありませんでしたので、私は備付のものを利用しました。

普段から高級なものを利用している方には物足りないかもしれませんが、そこまでこだわりがなければ問題ないレベルのものでした。

■化粧水や乳液

こちら女湯側に「パウダールーム」があり、そこに化粧水(スキンローション)と乳液(ミルクローション)と、コットン、綿棒の備え付けがありました。

これらも悪くはないですが、普段こだわって利用しているものがあるなら持っていった方がよいかもしれません。
※ただこれらは私が行った時の状況ですので、もしかしたらランクアップしている可能性もあります。

 

■メイク落としや洗顔

これは女性だと必須アイテムなんですが、お風呂の中にはありませんでした
メイクスペースにも私が見た限りは無かったので、これらは持参して持ち込んだ方が良さそうです

 

■タオル

これは温泉施設によって無いところや有料のところもありますが、
杉乃井ホテルは館内に自由に利用できるバスタオルとフェイスタオルがありました。

■ドライヤー

これはないと困りますが、しっかりあったのでご安心を。

 

杉乃井ホテルの棚湯の日帰りする時の注意点!!

かなりいろいろ揃っている施設なので、

☓☓☓を忘れて楽しめなかった!!
というのはあまり無いかもしれませんが、
それでもあると思っていたものが無かったら残念な気持ちになるし、
これがあったらもっと楽しめた!!

というものも事前知っておきたいですよね。
そんな情報を集めてみましたのでご紹介していきます。

 

①水着は持っていくべき!!

知っている方も多いですが、棚湯は裸で入る男女別の温泉です。
しかし!!
この棚湯と隣接されている「ザ アクアガーデン」は水着で入る男女共同の温水プールなんです。

温水プールと言ってもプールは棚湯のように段々になっていて景色も棚湯並に良いです。
お湯はお風呂より温度は低いですが、プールとしてはかなり暖かいので、泳ぐというよりは「水着で入る温泉」というイメージです。

しかも1日に数回、迫力のある噴水ショー(無料)も見ることができるので、お子さんがいる場合は絶対に楽しめます!!

参考:杉乃井ホテルのプールで冬でも楽しむ噴水ショー日帰りレジャー

水着はレンタル(¥420〜)もありますが、
どうやら種類が少ないようなので自宅にあるならぜひ持っていきましょう!!

②室内着がない

宿泊客は部屋に部屋着がありますが、
日帰りの場合、スーパー銭湯や健康ランドなどのように、
ムームーや甚平はありません。
温泉から出た後、室内でゆっくりしたい場合は持参の服になります。

③昼食・ランチでバイキングは利用できない

杉乃井ホテルはバイキングが豪華なことでも有名ですが、日帰りの場合は17:00から順次並んでの入場となります。

お昼の時間帯に食事をする場合は

・リストランテアズーリ(イタリアン)
・花水木(日本料理)
・プロント(イタリアンのチェーン店)
・アゼリア(カフェレストラン)

必然的にこの4ヶ所になります。
お昼に名物バイキングは楽しめないので気を付けましょう。

 

杉乃井ホテル日帰りで棚湯だけはもったないない!

日帰りでも十分に楽しめる名物の棚湯はもちろん行く価値ありですが、
他にも楽しめる施設が沢山あります。

棚湯だけじゃもったいない!!100%杉乃井ホテルを満喫しましょう!!

①ザアクアガーデン

上にもあるようにぜひ水着を持参して「ザアクアガーデン」も楽しむ事をオススメします。

お風呂はどうしても男女別になってしまいますが、
アクアガーデンは水着着用なので親子男女一緒に楽しむことができます。

プールの出口が男女で分かれており、更衣室から直接となりの棚湯(温泉)へ入る事ができるので移動もラクラク。

また棚湯の料金で棚湯とアクアガーデンどちらも行き来できるので、
どっちも行かなきゃ損ですよね!!!

※杉乃井ホテルには水着で入る施設が二か所、
「ザアクアガーデン」と「アクアビート」がありますが
アクアビートの方は夏季限定で別料金になりますのでご注意ください。

②バイキング

棚湯と同じくらい有名なのが食事のバイキングです。
お昼のランチには利用できませんが、
夕方17:00から日帰り客でも利用できます!!

バイキング会場は二箇所あり、

◆シーズ・・・・・和食、洋食、中華メイン
◆シーダパレス・・イタリア、地中海、中華メイン

こんな感じで分かれます。

これは完全に個人の好みですが、
年配の方は「シーズ」、若い方は「シーダパレス」の傾向があるそうです。

料金はシーダパレスの方が若干高く、また時期によっても金額が異なります

通常は大人5,000〜6,500円位ですが、大型連休のピークは7,500〜8,000円とかなり上がるので、行く前にチェックしておきましょう。

利用時間は共通で17:00~21:30(最終入場 20:00)となります。

ただし休日や連休は宿泊客も多く、バイキング会場が混雑し、入場するまでにかなり並ぶことも多いので、時間に余裕を持って動いた方が良さそうです。
お風呂やプールで空腹な状態での夕飯としてはちょうどいいですよね。
いくら泳いだ後だからと言って食べ過ぎには注意しましょう(笑)

参考:杉乃井ホテルのバイキング比較!シーダパレスとシーズの違いや詳細

 

③イルミネーション

イルミネーションって冬のイメージがありますが、杉乃井ホテルではなんと年中やっています(笑)

またその電球の数は300万とかなりの力の入れようで、分県では有数のイルミネションスポットにまでなっています

見るのはもちろん無料!!夕方まで滞在するならぜひグルっと周りながら見てみましょう!!

参考:杉乃井ホテルイルミネーションはどんな場所?駐車場といつまで

まとめ

いかがでしたでしょうか。
杉乃井ホテルは1日遊んでも足りないほどの楽しい施設が沢山あります。
日帰りでもその施設をフルに利用して楽しい思い出を残してくださいね。

スポンサードリンク

-お出かけ・グルメ
-, ,