恋愛・結婚

結婚指輪ピンクゴールドで後悔しない!メリットデメリットと口コミ

スポンサードリンク

結婚準備で欠かせないのが結婚指輪の準備です。

あれこれ考えるのは楽しいですが、

指輪のベースとなる色(金属種類)で、肌なじみや印象がかなり変わってきます。

日本人で人気なのは主に
・プラチナ
・イエローゴールド
・ピンクゴールド
の3つとなり、

割合としてはプラチナを選ぶ人は多いですが、

肌なじみの良いピンクゴールドを諦めきれず
迷いに迷っている方も多い
ハズ。
(私がそうでしたので(^_^;))

そこで今回は
ピンクゴールドに心が揺らいでいる人のために、

ピンクゴールドの結婚指輪のメリット、デメリットや口コミを集めてまとめてみました。

590088f3762560903cc25a12ee506c43_s

 

スポンサードリンク

結婚指輪ピンクゴールドで後悔しない?メリットデメリットまとめ

皆さんここに辿り着く前にも、色々と調べていると思います。

私も一番最初に直感でピンクゴールドの指輪に惹かれたのですが、

周りのプラチナがあまりにも多くて、

ピンクゴールドはマリッジリングに向かないのかも・・・

とすら思うようになっていました(笑)

なので、まずは私なりに調べた
ピンクゴールドの結婚指輪のメリット・デメリットをまとめてみます。

◆ゴールド指輪のメリット・デメリット◆

メリット ・強度、硬度が抜群によく、傷つきにくい

・日本人の肌に馴染みやすい

・カジュアルな服装に合う

・様々な色味から選ぶことができる

・可愛らしい、優しいイメージ

デメリット ・変色しやすい

・硬い素材のため、サイズ直しが出来ない店が多い

・デザインや種類がプラチナより少ない事が多い

・年齢が上がると似合わなくなる可能性がある

・結婚指輪に見られない

 

主にこんな良し悪しがありました。

一つずつ順に見ていきましょう。

メリット①強度、硬度が抜群によく、傷つきにくい

実は強度・硬度という面で見ると

ピンクゴールド > イエローゴールド > プラチナ

という順でプラチナよりもピンクゴールドの方が硬い素材になります。

硬いという事は物理的にも傷つきにくいですし、
それだけお手入れもしやすいです。

メリット②日本人の肌に馴染みやすい

これは人によって差はありますが
日本人の肌の色にピンクゴールドは馴染みやすいと言われています。

実際に店舗などへ行き、シルバー系とゴールド系のアクセサリーを当ててみましょう。
よっぽど色白で無い限り、ピンクゴールドが馴染むと思います。

メリット③カジュアルな服装に合う

プラチナの銀はカチッとした固い印象持つのに対し、
ピンクゴールドはカジュアルでおしゃれな印象が強いので、

普段の服装にも、ドレスアップでもおしゃれにとても映えます

そう言えば私の周りでも、ゴールド系の結婚指輪をしている人って
普段でもおしゃれな人が多い印象です。

メリット④様々な色味から選ぶことができる

金はとても柔らかい素材で、
他の金属と合金することで、耐磨耗性や強度、硬度を高めます。

一般的にイエローゴールドは純金に「銀」と「銅」と混ぜます。

この配合で、様々な色味のバリエーションが楽しめますし、
同じピンクゴールドでもお店によって色味が異なるので、

必ずご自身の目で確認しておくことをオススメします。

メリット⑤可愛らしい、優しいイメージ

これはピンクという色味からくる一番のイメージですよね。

シルバーやイエローゴールドにはない柔らかい印象で選ぶ方も多いです。

 

 

次にデメリットも見ていきましょう。

デメリット①変色しやすい

ピンクという色合いの為に、

「銅」をイエローゴールドよりもたくさん混ぜる必要があります。

変色の原因となりやすい「銅」の分だけ、

変色する可能性はどうしても上がってしまいます。

コレに対して、

変色を受け入れる派の人と、温泉などの危険な場所ではまめに外す派で分かれるようです。

デメリット②硬い素材のため、サイズ直しが出来ない店が多い

これもかなり重要事項ですよね。

硬く傷つきにくい反面、サイズ直しも出来ないくらい硬いって・・・どんだけ〜。

指のサイズってそこで劇的に変化するものではありませんが、

女性の場合、妊娠や出産を経て変化する方も多いそうです。

そんな時にははやりサイズ直しができる方が安心感がありますよね。

でも!!

デザインやお店によってはPGでもサイズ直しが出来る場合があるので

↓↓↓

 

このデメリットだけでPGを諦めるのはやめましょう!!

デメリット③デザインや種類がプラチナより少ない事が多い

日本では結婚指輪を選ぶカップルの7〜8割がプラチナを選びます。

かなり多いですよね。

やはりそれだけ選ぶ人が多いとなると、
メーカーもプラチナの指輪に力を入れます。

もちろんピンクゴールドの質が落ちるという訳ではありませんが、
必然的に、デザインや種類はプラチナの方が豊富な事が多いです。

デメリット④年齢が上がると似合わなくなる可能性がある

これはよく挙げられるポイントです。

ピンクゴールドは若者のハリや透明感のある肌によく合います。

逆に年を重ねると肌のトーンも下がり、
似合わなくなるという意見が多数ありました。

分かりやすいのは、

「自分の母親がPGの指輪をしていたら?」
と考えるとイメージしやすいです。

デメリット⑤結婚指輪に見られない

カジュアルな服装にも合わせやすい色ですが、

それが故に、ファッションリングに見られることもあるそうです。
(私はないですが・・・(^_^;))

現在は多種多様なリングを選ぶ時代ですので、
少なくなって来ているとは思いますが、

なぜか未だに、
結婚指輪=プラチナ という考えの方いるのも事実です。

結婚指輪ピンクゴールドでも後悔しないように!選ぶ時の注意

ゴールドの指輪に決めた!という人も
気持ちが傾いてfいる方も、

ゴールドの結婚指輪を購入する前に必ず確認してほしい事があります。

それは・・・・

①銅の含有比率
②色味の確認

です!!

一つずつ説明してきます。

①銅の含有比率

上記でも紹介しましたが、ピンクゴールドは純金に「銀」と「銅」と混ぜます。

特にピンクという色味を出すために「銅」が多めになってしまいます。

これにより色のバリエーションは増えますが、
この銅の比率が高いと温泉などで変色の可能性が出てきます

イエローゴールドでしたら、銅の比率もそこまで高くありませんが、

ピンクゴールドの中でも、ピンク色が濃いものは銅が多いので要注意です。

お店によって銅の配合は異なりますので
変色を気にする方は、購入前にしっかりと店員さんに確認しておきましょう。

 

②色味の確認

一口にピンクゴールドと言っても、
お店やによって少し色が違ったり、

ピンクG、イエローGの他に、オレンジゴールド、グリーンゴールド
という呼び名のものがあったりします。

最近ではHPでもキレイな写真が載っていますが、
やはり店舗で本物を見ると印象が違ったりもしますので、
必ず現物を見て確認しましょう。

そしてできれば

・蛍光灯
・オレンジ色の電球
・太陽光

この3つの光の下でもぜひ見て下さい。

これね、私の経験談なんですが、

お店で試着して指輪決定し、
一ヶ月後、
指輪を受け取って、家でつけてみたら、

「あれ?こんな色だっけ・・・!?」

ってなったんです。

マジで最初はメーカーのミスか!?
とさえ思うぐらい違ったんです。

ピンクゴールドは色味が重要です!!
特にこんなサイトを見ている人は人一倍こだわりも強いはず。

なんか試着した時とイメージが違う〜〜〜
なんて事にならない用に、
できるだけ色々な光の下で色味を確認しましょう!!

 

結婚指輪ゴールドでも後悔しない!リアル口コミ

こんな感じで色々調べてみましたが、

私自身、迷いに迷って
ピンクゴールドとプラチナのコンビの結婚指輪にしました!

決めるまでの流れはこちらに詳しく書きました。
↓↓↓
・結婚指輪のピンクゴールド人気は高い!変色の疑問とコンビのすすめ

 

上記のようなデメリットもたくさんあったので、
1度はPGを諦めたんですが、

色々見ていくうちに、再度ピンクゴールドを見ると

やっぱり好きだ〜〜!!ってなり(笑)

んで、
自分なりの解釈で、打開策や言い訳(?)でデメリットを潰していきました。

例えば

◆PGはサイズ変更出来ない
→ピンクが指輪を一周してないデザインならサイズ直しできる
→ピンクとプラチナのコンビにする

◆変色しやすい
→むしろ変色したほうが面白いし味が出る!!

と、こんな感じで最終的にピンクゴールドとプラチナのコンビの結婚指輪にしました。

 

今現在、3年ほど経過しましたが、

いまのところ私は後悔してないどころか、まだまだお気に入りですし、

これにして良かったと思ってますよ。(^_^)

(むしろ、温泉行っても全然変色しないので、そこが不満w)

 

他の方の口コミを見ても、

・10年ごとに指輪を買い換える予定なので問題なし

・今付けたいもを買って何が悪い!(笑)

とありました。

 

ここでは「ピンクゴールドにしましょう!!」と言っているのではなく、

「本当はピンクゴールに惹かれているけど、〜〜なデメリットがあるから違うのに妥協しよう…」

と考えている方。

そんな方に、
こんな方法があるのか!
こういう考え方もあるのか!と知ってもらえたら幸いです。

プラチナ、イエローゴールド、ピンクゴールド
どれにするのにも、もう一度よーく考えて、
自分の納得できる答えをどうか見つけてくださいね。

 

まとめ

結婚指輪に正解はないので、
最終的には自分たちの環境や好みで決めるしかありません。

でも
これから何年もずっと着けるのなら、気に入ったものの方が良いですよね。

傾向として、
コレ!と決めていたのに
直前で何か妥協して変更すると、後で後悔してモヤモヤ・・という人が多かったです。

妥協せずにとことん悩んで、納得の指輪を選んでくださいね。

スポンサードリンク

-恋愛・結婚
-, ,