カラダ・健康

花粉症の目のかゆみの原因はこれ!かゆみを抑えて対策を!!

2016/12/18

スポンサードリンク

つらい花粉症の季節。
鼻づまりやくしゃみとともに出て来る目のかゆみ。
こすればこするほどかゆくなっていくんですよね。
目玉を取り出して丸洗いしたくなります。
今回はそんな目のかゆみにの原因と対策を調べてみました。

a16d3f893aa2202a51892f89bcdc6062_s

スポンサードリンク

花粉症の目のかゆみの原因はこれ!

まずは目のかゆみの原因を知っておきましょう。

【目のかゆみ原因としくみ】
ちょうどまぶたの裏から白目を覆っている粘膜を結膜といい、
ここが炎症を起こしている状態が結膜炎となります。
この結膜炎から目のかゆみが来ているんですね。

結膜炎の原因の一つが外部からのアレルゲン(花粉やカビ・ダニ・ホコリ)なのです。

アレルギー体質の人はこれらのアレルゲンでも
異物だと感じて免疫反応が起こるため、結膜炎がおこります。
この過剰な免疫反応がアレルギーといいます。

アレルゲンが目に侵入すると、免疫細胞が刺激を受けて
ヒスタミンという物質を大量に出して、目の神経を刺激し、
目に強いかゆみを引き起こしたり、血管を広げて充血させたりします。

簡単にまとめると

①アレルゲン(花粉)が目に入る

②免疫細胞がヒスタミンを大量に出す

③ヒスタミンが神経を刺激してかゆみ(炎症)を引き起こす



このヒスタミンの動きを抑える事ができれば、
目のかゆみ緩和につながるんですね。

お次は応急処置としてかゆみを和らげる方法を見ていきます。

花粉症の目のかゆみを抑えるには

花粉の多い時間帯は外出しないようにする・・・
という対策も目にしますが、
外出しなくていいなら苦労しないわ!!と私個人的には思います(笑)
仕事や用事で外出を避けられない時、
うっかり花粉対策をおろそかにしてしまった!!
という方に今すぐコンビニや身近なものでかゆみを和らげましょう!

・目を冷やす
・花粉症用の目薬をさす
・メガネをする
・髪を結う、帽子をかぶる

ありきたりかもしれませんが、
すでにかゆみが発症している場合はすぐにしましょう。
かゆくてこすると余計に悪化します。

目を冷やす前に手を洗って花粉を必ず落としましょう。
冷たいタオルや、緊急時は冷たい飲み物をタオルで包んで目に当てます。

目薬がない場合は水道水でも良いですが、
目の必要な成分まで洗い流してしまうので頻繁にはしないようにしましょう。

手元にメガネがないと無理ですが、
メガネは物理的に目に入る花粉の量を減らしてくれます。
コンタクト+ダテメガネでもOKですので、
手元にある方はすぐにつけましょう。

髪の毛は静電気が発生しやすく、
その静電気で花粉を引き寄せます。
髪についた花粉が目に落ちて来ますのでなるべくまとめましょう。

花粉症の目のかゆみ対策

さきほどはすでに目がかゆくなった方への応急対策でしたが、
出かける前に時間がある方、
毎年花粉と戦っている方はしっかり事前に準備しましょう。

【出かける前の対策】
・目の周りの化粧は薄めに
・メガネをかける
・髪をまとめる
・目薬や飲み薬を持っておく
・マスクをする

女性でしたら外出時は化粧をしっかりしたいですが、
涙で化粧品の成分が目の中に入りかゆみを悪化させてしまします。
やむを得ない場合は、少し早めに目的地に行って
現地のトイレなどで顔を仕上げましょう。

それでも移動中で化粧が薄いのはちょっと・・・という方は
メガネとマスクで顔を隠しましょう!!

【長期的な花粉症対策】
・体質改善
 青魚、れんこん、ヨーグルトを食事に取り入れる
 油物、砂糖が入っているものは控える
 規則正しい食事
 睡眠をしっかりとる

根本的に免疫力を高める事が重要です。
それでもそんな手間や時間が取れないんだよ〜
という方も多いと思います。

そんな方は花粉の季節は自分を少し甘やかして
スーパーやお店で花粉に効くお惣菜をかったり、
寝る前の携帯をいじるのの少しだけ我慢して寝る、など
少しずつでいいので花粉対策をしてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
劇的に効果のあるものは難しいかもしれませんが、
少しでもかゆみの緩和に繋げられたら幸いです。

どの対策もご自身に合った方法でやっていくのが大切です。
色々試して自分に一番の対策を考えていきましょう!!

スポンサードリンク

-カラダ・健康
-,