こども・育児関係

石和温泉の旅館笛吹川に赤ちゃん連れ宿泊!お風呂や食事や客室の様子

スポンサードリンク

1歳になる子供と親戚の家に顔を出す用事があったので、
ついでに旅行もかねて、石和温泉駅から少し離れた旅館「笛吹川」の別館に宿泊してみました。

赤ちゃん連れの宿泊で私が特に心配だったのが、お風呂と食事です。
子供はまだ離乳食中ですし、暴れながら食べるしw
お風呂はどうしよう…

と思っていたのですが、
食事もどうにか頑張り、無事宿泊を乗り切りましたw

そこで今回は実際に子連れで宿泊してみた様子をリアル口コミでブログにまとめてみます。

スポンサードリンク

石和温泉の旅館笛吹川に赤ちゃん連れ宿泊!お風呂の様子

子連れの旅行って、
子供がお風呂や食事などものすごく心配で

私は毎回ものすごくリサーチしまくったり、
荷物が大量になったりしてしまいます(^_^;)

そんな中で今回、この宿を選んだ最大の理由が

貸切風呂が3つもあり、空いていれば使い放題だったこと!!

 

雰囲気のある廊下を歩いていくと、大浴場があり、さらに奥に貸し切り風呂があります。

実際のお風呂の様子がこちら。

旅館笛吹川-32

左に1箇所、右に2箇所あります。
旅館笛吹川-35

脱衣所はシンプルですがきれい。
旅館笛吹川-36

ハンドソープ、綿棒、紙コップがあります。
※ドライヤーはここにありませんでした(大浴場と部屋にはあります)
旅館笛吹川-40

お風呂の様子。
1ヶ所ですが、洗い場がしっかりあります。
床は洗い場はタイル、浴槽周りは木で半露天のお風呂です。
旅館笛吹川-38

ボディソープとリンスインシャンプーがありました。

 

子供はまだオムツが外れていないので、湯船には入れませんが、
家族全員でゆっくりお風呂に入る体験が出来ました。

宿泊者はほぼ満室くらい結構いましたが、
大浴場とは別に貸切風呂3つあるので、私がお風呂に行った時は

貸切風呂は大抵2〜3つは空いていていましたので、待ち時間なく入浴することが出来ました。

宿泊した部屋はバス付でしたが、
せっかくの温泉地でなのにここで済ますのは味気ないな〜と思い
こちらの宿にしてよかったです!!

ただ、お風呂に赤ちゃん用のベビーチェアや石鹸などはありません。

うちの場合、子供はすでに歩けますし、ベビーソープは持参して行ったので
何ら問題はありませんでしたが、
この辺は自分の子供の月齢に合わせて、どうするか対策しておくとゆっくりできそうです。

お風呂のお湯ですが、ぬるめが好きな私にとっては
少し熱いかな〜という印象だったので、

おそらく40〜42度くらいじゃないかと思います。
子供にとっても少し熱めかもしれませんね。

お風呂に関して、良かった点と注意点をまとめてみます。

【旅館笛吹川のお風呂:良かった点】
・家族で入れるので、夫婦だけでも誰かが洗ってる間にもう1人が子供を見れる
・貸切風呂に洗い場がちゃんとある
・空いてれば予約無しでいつでも利用できる
・貸切風呂は大抵どこか空いている

【旅館笛吹川のお風呂:注意する点】
・ベビーチェアなどはない
・子供用の石鹸やソープはない
・湯は小さいこどもには少し熱めかも

 

石和温泉の旅館笛吹川に赤ちゃん連れ宿泊!食事の様子

食事は子連れにとって最大の難関ではないでしょうか。。。

今回、うちの子もちょうど1歳だったのですが、
離乳食と大人の食物の間くらいなので「お子様メニュー」もまだ早い状態。

なので子供用の食事は「なし」で予約して、
大人のおかずの中で食べられそうな食材を取り分けてあげました。

 

実際の宿での食事の様子がこちら。

■夕食①
旅館笛吹川-55

■夕食②
旅館笛吹川-57

【子供の献立】
・夕食①の上の方の白身魚少々
・夕食①のかごにあるごま豆腐少々
・夕食②の鍋のすき焼きの野菜
・白米

子供はこんな感じで取り分けました。
普段より少し味付けが濃くなってしまうのは仕方ありませんが、
とりあえず食べれそうなものがあってホッとしました。

 


■朝食

旅館笛吹川-61

【子供の献立】
・写真上の鮭 少々
・写真右上の蒸し野菜
・写真右の豆腐
・小鉢のしらす少々
・小鉢の青菜少々
・白米

朝食もこんなおかず沢山で食べさせる事ができました!!

その他にも食器や椅子、食事部屋の様子です。

↓↓↓

■子供用食器

こちらは宿の食事では毎回机に用意されていました。

旅館笛吹川-56

 

■子供用椅子

こちらも毎回用意されていました。

ただベルト付ではないので注意。

旅館笛吹川

 

■食事の部屋

今回はすべて座敷での食事となりました。

一泊目は6組共同の座敷でしたが、
私達が食事をしている時間は誰もいませんでした。

二日目は個室の座敷。
もしかしたら子供がいるので、宿の方が気を使って個室にしてくれたのかも(^_^;)

↓↓↓

旅館笛吹川-64

 

宿の予約HPには机と椅子での食事とあったような気がしたんですが、
もしかしたら子供がいるので座敷になったのかも・・・?

料理は色々な種類が少しずつというスタイルだったので、
子供が食べられるものを見つけてあげていました。

なのでレトルトの食事を結構持っていったのですが、
ほぼ使わず。

ただ、やはり大人用の味付けなので、子供にとっては少し濃い目かもしれません。

暴れるので椅子はベルト付じゃないとまだ危ない状態ですが、
こちらを持参していったので
↓↓↓

 

このベルトを椅子にセットして食べさせました。

ただそれでも慣れない場所で子供が暴れる暴れる…(^_^;)

ゆっくり食事とは行きませんでしたが、
宿の方も皆さん子供に優しく、
なんとかご飯問題も乗り越える事が出来ました。

1歳の子供との食事に関して感想まとめはこちら。

【旅館笛吹川の食事:良かった点】
・色々な種類があるので何かしら食べさせることができた
・旅館の方がみんな子供に優しい
・子供用の食器あり
・子供用の椅子あり
・座敷あり

【旅館笛吹川のお風呂:注意する点】
・離乳食などはない
・子供用の椅子にベルトはない

石和温泉の旅館笛吹川に赤ちゃん連れ宿泊!客室の様子

お風呂や食事はクリアしたものの、
予約時に一点、忘れていた事がありました・・・

それは、

部屋に障子があると危険

ということを・・・!

今回は別館のお部屋だったのですが、
定番の12畳と窓スペースの間に障子がしっかりある!

完全に忘れてました(^_^;)

 

12畳スペース

旅館笛吹川-04

洗面、窓、机椅子スペース
旅館笛吹川-14

この間にしっかりと障子がありましたw

対策として、片方は机+椅子の配置でガードし、
もう片方は近づかないように見張ってなんとかしのぎましたw

これはヒヤヒヤしましたが、なんとか障子も破かずに過ごせました。

 

石和温泉の旅館笛吹川に赤ちゃん連れ宿泊のまとめ

事前に色々リサーチはしましたが、
実際に宿泊しないと分からない事も沢山!!

今回子連れでの旅館の宿泊は初めてだったのですが、
貸切風呂や座敷での食事で無事に楽しく過ごすことが出来ました。

従業員の方はみんな優しく、お庭の鯉の餌なんかも頂いて子供も大はしゃぎw

次回は改装したばかりの本館も狙いつつ、また子連れで行きたい宿の一つになりました。

 

スポンサードリンク

-こども・育児関係
-, , ,