こども・育児関係

保育ママ(家庭的保育事業)を実際に見学した感想!練馬区の場合

スポンサードリンク

認可保育園、4月の0歳児クラスが見事に落ちたので、
我が家では内定をもらうべく、申し込みを絶賛継続中です。

次の4月に保育園に入れないと復職がかなりやばい!

なので、保育ママ(家庭的保育事業)も視野に入れて見ることにしたのですが、、、

個人の自宅で保育ってどうなの・・・?って思いますよね。

そこで自宅近くの3つの保育ママの所へ見学に行ってみました!!

今回は私が実際に見学してきた保育ママ3ヶ所の様子や比較、
個人的に見ておくべきポイントなどリアル口コミとしてまとめてみました!

※私の住んでいる練馬区の例になりますのでご了承ください

1046592

スポンサードリンク

保育ママとは?見学予約をしてみる

保育ママってなに??

昨年は認可保育園しか応募しなかったので、
そもそも保育ママがどんなものかも分からない!!

ので自分でもいろいろ調べてみました。

・練馬区HP家庭的保育事業(保育ママ)

ざっとまとめると

【保育ママとは?】
練馬区では認可基準を満たしており、
保育士や教員などの資格を持っている方が、自宅等を利用して保育する事業

【保育ママの定員や延長保育】
・定員は3〜5人(保育環境によって異なる)
・受入の年齢は最長2歳児クラスまで
・基本保育時間は8時間(8:30〜17:00)
・延長保育は各事業所で異なるので要確認

【保育ママの料金や食事など】
・食物アレルギー対応の実施はない
・給食の有無は各事業所で異なるので要確認(ない場合は持参)
・利用料金は認可保育園より少し安い程度

 

こんな感じ、最初は

保育ママ!?
個人で預かってもらうのって大丈夫なのかな・・・・

と思ったんですが、

練馬区で定められた基準を満たしており
申し込みや内定基準も保育園と同じで区の管轄で
しっかり管理されているようなので、

思った以上に安心でいいかも!
というのが私の調べた印象です。

ただ、基本的に預りは2歳児クラスまでなので、
それ以降ば別の所を探さなければならないですし、

給食の提供がなければ、親が準備&持参が必須。
預り時間も通常の保育園より短い場所が多いので、

優先順位的にはやっぱり通常の保育園の方が高くはなってしまいますね。

その辺りで、親の勤務形態とうまく折り合えるかしっかり確認する必要があります。

 

保育ママの3ヶ所に実際に見学に行ってみた比較!

区で配布している案内で場所を色々確認して、
通えそうな場所にしぼり、電話で予約をしてみました。

予約は通常の保育園見学と同じ要領ですね。

実際に見学したそれぞれの園を①、②、③として
各園の特徴や個人的感想をまとめてみます。


 

保育ママ①
■見学時間 10:30〜
■保育者  代表者+補助1名
■保育定員 3名

・私の自宅と最寄り駅のちょうど間にあり
・私以外にもう1人見学者がいた
・補助者は保育ママの娘さん
・給食なし(お弁当が必須)
・近くに公園あり
・オムツは持ち帰り
・連携の幼稚園あり

保育ママ②
■見学時間 9:30〜
■保育者  代表者+補助3名
■保育定員 5名

・駅が近く、目の前が公園
・保育ママの他に、補助者を多めに確保して回している
・外遊びが中心(午前と午後にお散歩あり)
・一日のスケジュールは認可保育園のものに沿っている
・給食あり(自園で調理)
・送りの自転車やベビーカーを置いて出勤OK
・卒園後は提携の幼稚園がある

保育ママ③
■見学時間 9:30〜
■保育者  代表者+補助1名
■保育定員 3名

・隣駅へ行く道の途中にあり
・保育者は二人共ともベテランの様子
・すぐ近くに大きな公園あり
・給食あり
・クッキーなどお料理体験もあり
・近くの認可保育園と一緒に給食を食べることもある
・卒園後は提携の幼稚園がある


 

 

こんな感じでした。

基本的に3つとも保育ママの自宅になるので、
今回見学した所はどこも一軒家の1階1室を預りルームとしていました。

最初のイメージだと、
保育ママ1人で3人の子どもを見るのって大変じゃない??

って思ったんですが、

どの場所も保育ママの他に「補助者」がいる状態でした。

練馬区の基準を満たしている園という事もあり、
どこもセキュリティや人員配置はしっかりしている印象。

ただ、立地や保育ママの考え方などで、
どこに遊びに行くのかなどが変わってきます。

また給食の有無や延長保育も各場所で異なるので
自分に合った事業所を見つけられればとても良いですよね。

私の場合、
駅チカなのと、自転車を園に置いて出勤できるという部分で
②を申し込みの時に希望に入れました!!

昨年では候補にすら入れなかった保育ママですが、
見学してみて、結構いいなと思う園に巡り会えたので良かったです!!

もちろん家チカの認可保育園の方が優先度は高いですが、
保育ママも希望候補としては十分にありだと思いました。

 

保育ママ(家庭的保育事業)の見学ポイント

087451

受け入れ人数や延長保育の時間等は
区のパンフレットに記入がありますので、見学先でわざわざ聞かなくても確認できます。

せっかく足を運んで見に行くからには、
案内やサイトからは得られない情報をゲットしたい!!

ということで、私はこんな部分をよく見るようにしていました。

【保育者と補助者の様子】

基本的には保育ママと補助者がいます。
保育ママとの連携がしっかり取れているのかは重要ですよね。
補助者が保育ママの娘さんなんて所もあったので、
関係性を見ておくようにしています。

 

【給食】

給食は有無で朝の両親の手間が変わってくるので、
個人的には結構重要ポイントです。
ありの場合でも、保育ママ宅で調理している場合や、
業者委託で宅配してもらう所もあるよう。

毎日の食事を写真を撮ってファイリングしている保育ママさんもいました!

 

【現時点で預かっている子どもの年齢】

見学時に2歳児が多ければ、
次年の4月の募集人数も多くなるはずです。

3〜5人と定員が少ない保育ママ事業で
現在預かっている子どもたちが何才児クラスなのか必ず聞いていました。

(子どもが0〜1歳児クラスの子ばかりでも、保育園に転園希望している場合も多いので一概には言えませんが・・・)

【持ち物】

オムツ、エプロン、口拭き、手拭き、タオル・・・など
基本的にはどこもほとんど同じですが、

オムツは置いていってOKな場所があったり、
外遊び用の遊び着を用意してほしい、など

場所によってちょっとした違いがありますので、
なにか特殊な持ち物が無いか確認するようにしていました。

【オムツの持ち帰り】

最近、練馬区の認可保育園は
全て園でオムツ処理をしてくれるようになったのですが、
保育ママでは流石に限界があるようで、
オムツを親が持ち帰らなければならない所が結構ありました。

【卒園後の連携先】

通常、保育ママ事業は2歳児クラスまでになります。
じゃあ、卒園後にまた新しい預け先を探さなきゃいけないの!?
って思いますよね。

ただ、今回見た園はどこも卒園後に優先して入れる連携施設がありました。
これはどちらも幼稚園で、小規模園が自ら動いて連携したそう。
もし将来的に入園したい園が連携先にある場合はかなり助かりますよね。

小規模保育事業や保育ママに関して、
練馬区では平成31年度末までに連携施設を確保することになっていますが、現在(平成30年11月時点)ではまだ具体的な連携先は決まっていないそうです。

ただ、この連携先が人気園の場合、小規模園の倍率も一気に上る可能性があるので、要注意項目です。

保育ママを見てきたまとめ

保育ママの情報って口コミサイトも少ないですし、
実際に通っている方の生の情報を探せなかったので自分で動いてみました。

保育ママの存在すらあまりよくわかっていなかった私ですが、
思ったより良い環境で見てもらえる事が分かり、

その中の一つは希望候補として申請書類にも入れました!!

大事な子どもを預ける場所ですから、
やはり紙の情報だけではなく、実際の様子を確認できて本当によかったです。

今後、保育ママを希望する可能性が少しでもある方は
ぜひ見学して園の様子を自分の目で見ることをおすすめします!!

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

-こども・育児関係
-, , , , ,