こども・育児関係

赤ちゃんの中耳炎で鼓膜切開の治療!体験談と切開後の様子

2018/12/04

スポンサードリンク

1歳3ヶ月の子供の中耳炎が判明しました。

赤ちゃんというよりは幼児になりますでしょうか。

前回の記事でも書きましたが、
初めての事で耳鼻科へ行くのが遅れてしまい、
見つかった時には鼓膜がかなり赤い状態。

(前回記事)
・赤ちゃんの中耳炎で判断が遅れた体験談!うちの子のサイン

数日、抗生物質で様子を見たのですが、
最終的に鼓膜切開での治療になりました。

鼓膜の切開!?

こんな赤ちゃんなのに大丈夫なの?
後遺症とかはないのかな・・・?

と私自身もかなり心配でしたが
どうにか乗り越えました。

この体験を自分でも忘れないためにも、
今回は我が家の中耳炎の治療で
うちの子の鼓膜切開から切開後の様子をブログにまとめていきます。

e2e0589ad99cd8f0546075d81cc9b3f4_s

スポンサードリンク

赤ちゃんの中耳炎で鼓膜切開になるまでの道のり

うちの子が耳鼻咽喉科の病院に受診した時、
耳の鼓膜は両耳ともかなり赤くなって悪化している状態でした。

その時、熱が40度と結構な熱で
どうやら耳の炎症からくる高熱だろうとのこと。

耳鼻科の医者が言うには

2〜3日抗生剤と解熱剤で様子を見て
それでも中耳炎(炎症)が引かなければ
鼓膜を切開して、耳の膿を出すことになります。

と言われました。

この時初めて「鼓膜切開」という言葉を聞いたのですが、

こんな小さいのに・・・
「切開」という言葉に私もかなりショックでした。

医者としても、
子供がまだ小さいので避けたいんだけどね〜
という感じ。

うん、親としても出来るだけ避けたいんですが、
この2〜3日で治ることを祈るしかない。

とりあえずその日は
抗生剤を含む薬を処方してもらい帰宅しました。

これが月曜日。

そして火曜、水曜と薬を飲ませつつ、
耳鼻科にも通ったのですが

耳の状況はあまり良くなってませんでした。
高熱も続き39〜40度をウロウロ。

ついに水曜日に医者から

医者:鼓膜切開しますか??

と聞かれました。

 

でも、こちらとしては初めての事で

どうしよう??
と焦って返答に迷ってオロオロしていると・・・

医者:じゃあ、抗生剤の種類を変えて明日また様子を見ましょう

ということになりました(^_^;)

そして違う抗生剤をもらい、

飲ませつつ

 

木曜日の受診。

医者:やはりあまり良くなっていないので切りましょう。

やっぱり薬変えてもだめでした。。。(/_;)

※更にこの変更後の抗生剤で副作用の湿疹が出たので別記事にまとめます

 

だいたいの子は抗生剤である程度炎症が引くらしいのですが、

ウチの病院ではここまで悪化して鼓膜切開までするのは40人に1人位かな〜と医者も言っていました。

病院側としても
小さいうちに鼓膜切開すると
耳鼻科に恐怖心がついてしまう事もあり

出来るだけ避けたいことではあるらしいんですが、

高熱が続いている状態で、
子供の体力的な事も考え、ここでもう切開しましょうという判断。

 

親としても、怖いですが
夜に高熱で寝苦しそうなのもつらそうだし、

薬を変えてもダメならもうしょうがないんだろうと覚悟。

木曜日
ついに鼓膜切開が決定となりました。

 

赤ちゃんの中耳炎で鼓膜切開治療の様子うちの場合

切開と聞くとかなり大掛かりな処置なのかな・・・
という私の不安をよそに

医者:じゃあこれからやりますね〜

え!?
そんな結構軽い(?)感じなの??

ということで、
病院での流れは

①小さい脱脂綿で麻酔液を鼓膜に塗る
②麻酔が効くまで15分位待つ
③小さい針のような器具で鼓膜切開
④奥に溜まっていた膿を器具で吸い出す
⑤耳に点耳薬を入れる

おわり

あれ?
あれだけ躊躇していた切開ですが

意外とあっさり終わりました。

もっと手術室的な所で寝かせてやるのかな…
とドキドキしていた私ですが、

いつもの受診椅子で私に抱っこ&抑えられての処置でした。

 

鼓膜の切開もメスみたいなのを想像していたんですが、

本当に小さい針のような器具で
鼓膜にほんの少し穴を開けたような感じに見えましたし、

膿を吸い出すのも、本当に小さいストロー状のもので吸い出す様子。

 

私としては素人なので全然分かりませんが、
おそらく切開といっても最小限のものなのかなと思いました。

(もちろん病院によって処置が違う可能性はあります)

 

子供も処置中はギャン泣きしましたが、
処置終わりにはケロッとしていたので、

痛いというよりは、治療するのに押さえつけられるのが嫌で泣いていた様子。

ちょっと拍子抜けしつつ、
でも切開は切開ですからね。

これくらいの処置ならもっと早い段階で切開したほうが良かったのか?
と思いつつも、
正解は分からないまま、薬をもらい帰宅しました。

 

赤ちゃんの中耳炎治療 切開後のうちの子の様子

中耳炎での鼓膜切開の後、
本当に切開してよかったのかな・・・
後遺症など無いかな・・・と心配はしたものの、

だんだんと良くなって来たので
その後の経過をまとめてみます。

【熱】

木曜日の鼓膜切開後の夜、
寝る前に薬や点耳薬をしっかりして、

今まで40度位まで上がっていた熱が
38度台にまで落ちました。

土曜日、日曜日には37度台にまで下がり、
やはり今回の熱は中耳炎からきている熱だとまず実感。

【耳垂れ】

切開前は耳垂れはなかったんですが、

切開したので、
おそらくそこからだと思われる血が混じった耳垂れも少し出てきました。

テッシュなどで見える部分の耳垂れだけ軽く拭くようにしていたら
2〜3日で出なくなりました。

【鼓膜】

切開後、5日後位にはもうほぼくっついていると言われました。
とりあえずホッと一安心。
子供の回復力はすごい。

【下痢】

抗生剤を飲んでいたせいか、
服用して3〜4日目くらい下痢をするようになりました。

追加で腸整剤(ビオフェルミン系だと思われる)を処方してもらい、
一週間くらいでウンチはほぼ元通りになりました〜

【薬疹】

途中で抗生剤を変更したのですが、
この変更後の抗生物質がうちの子に合わなかったらしく、

初めは顔、そしてお腹、背中に赤い湿疹ができました。

発疹を医者に見せた所、すぐに薬疹との判断だったので
その後抗生剤の服用を完全にストップ。

この湿疹も一週間位でようやくなくなりました。

※詳細は別記事にします

 

 

耳以外にも薬の副作用などで
いろいろ症状が出ましたが、

とりあえず切開の1週間後位には全体的に落ち着いてきたという感じでした。

鼻水が溜まるとまた再発する可能性が高くなるとの事で、
電動の鼻水吸取機も購入しました(^_^;)

手動のものでやっていたんですが、
やり方が悪いのか、コツが上手くつかめずあまり取れなかったのと、

耳鼻科でも毎日鼻水を吸い取ってもらっていたんですが、
1日1回じゃとてもじゃないけど追いつかない状態だったので。

購入後は
1日5〜6回はこれで鼻水を吸い取っていました。

電動の鼻水吸取機に関しては後ほど別記事にまとめますね。

切開後も休診日以外は10日ほど、
毎日耳鼻科に通いましたので、

中耳炎発覚から治療後の経過観察で
2週間以上、ほぼ毎日耳鼻科と自宅の往復の毎日でした(^_^;)

今は私が育休中なので、平日も病院へ通えたのですが、
仕事復帰後だったらどうなっていたんだろう…と考えるのも恐ろしいです。

 

赤ちゃんの中耳炎で鼓膜切開まとめ

・鼓膜切開の処置は意外とあっさり
・切開後はすぐに熱が下がった
・中耳炎の治療は長期戦

切開という言葉にかなりビビっていた私ですが、
かなりあっさりな処置でしたので、

もっと早く切開の決断をした方が良かったのか・・・?

と逆に悩んだりもしました。

でも切開は切開でそれなりに体に負担はあるでしょうし、
結局のところ正解分かりません。

ただ中耳炎は再発しやすいらしいので、
鼻水を溜めないようまめに吸い出すよう対策しながら気をつけたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

-こども・育児関係
-, , , ,