暮らし・アイディア

乾燥のかゆみ対策はお風呂で!今すぐ出来ることやその他の原因

スポンサードリンク

秋から冬にかけて気温も下がり、一段と寒くなります。
そんな中の悩みの一つが乾燥ではないでしょうか。
乾燥はかゆみにも繋がり、悪化すると皮膚炎も起こしかねません。

でも会社や避けられない外出先などでできる対策は限られてきますよね。
家に帰っても沢山やることがある方や、帰りが遅い方は自宅でもこまめに対策するのは難しいです。

そんな方のために!今回は普段の作業や動作の中に取り入れられる
お風呂での対策をまとめてみました。
eaaef835050f774f5703391888dcaa62_s

スポンサードリンク

乾燥のかゆみ対策お風呂で今すぐ出来ること

まずは今日のお風呂から出来ることです。
道具やバスグッズは不要なのですぐに実践してみましょう!!

【全身を手で洗う】
ゴシゴシ洗うと肌を守る皮脂膜を落としてしまい、肌荒れや乾燥の原因になります。
手で泡だて、撫でるように洗いましょう
どうしてもボディタオルが必要な場合は、硬い素材で直接擦るのは避けましょう。
また素材の特徴をよく確認してご自身に合うものを選びましょう。

◆綿・・・泡が立ちにくいが、天然繊維のため肌を傷めにくい
◆麻・・・耐久性◎、吸水力に優れ、程よく泡立ち、乾きも早い、綿より固い
◆シルク・・・サラサラで柔らかい質感だが強度はあるので、油断してゴシゴシ洗いは✗
◆ナイロン・・・軽くて丈夫、速乾でカビにくい強い
◆ポリエステル・・・ハリやコシがありナイロンより固め、最近は肌との摩擦を最小限に押さえた特殊な製品もある

 

【長風呂しない】
15分以上浸かると、角質層が膨張し、肌の保湿成分が流れ出てしまいます。
最近半身浴等が流行っていますが、こちらも下半身がお湯に浸かっているので
乾燥対策としてはあまり良くありません。
できればお湯に浸かるのは15分以内にしましょう。

 

【湯船の温度は低めにする】
目安としては42℃以下です。もしこれ以上高い場合は見直しましょう。
熱いお湯は肌の水分を多く奪います。
お皿洗いなんかでも、水よりお湯で洗うと皿の汚れは落ちますがその分手が荒れますよね。
少しぬるめですが38〜40℃位が推奨されています。

 

【水気を拭き取る時は擦らない】
見落としがちなのがお風呂から上がってタオルで体を拭く時です。
顔をゴシゴシ拭くのはとても気持ち良く、私もやってしまいがちなのですが
なるべく擦らずにポンポンと当てて水気を取りましょう。

 

乾燥のかゆみ対策お風呂でやってみよう

普段使用しているものが乾燥やかゆみの原因の一つかもしれません。
最近はバス用品もかなり充実していますのでを思い切って買い換えるのも手です。
一つ一つ乾燥・かゆみ要素を取り除いていきましょう。

【乾燥肌向けの入浴剤を使う】
これは個人的に目からウロコでした。
お風呂上がりに全身にクリームを塗るのって結構大変じゃないですか?
そこで入浴剤で保湿もしてしまおう!という魂胆です。

敏感肌の方はやはり無香料や無着色、天然成分配合したもの、
合成界面活性剤不使用のもの等の低刺激のものがおすすめです。
ただし、入浴剤を入れたからといって長く浸かるのはNGです。
湯船に浸かるのは15分以内にしましょう。

 

【刺激の弱いソープ類に変える】
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、洗顔料など
実はこれらを低刺激のものやオーガニックに変えるだけで肌荒れが治るという方もいます。
また、髪を洗って流れたシャンプーコンディショナーが
背中に残り肌荒れの原因になる場合もあります。
用意するのは面倒ですが、一回揃えてしまえばあとはそれで体を洗うだけですから
思い切って一掃してしまうのも良いかもしれません。

 

【脱衣所も暖める】
お風呂で肌の温度が上がり、脱衣所での急激な温度変化は肌を刺激しかゆみの原因になるそうです。
これはご自宅の環境によって出来る方と出来ない方がいるかもしれません。
ただ、脱衣所は無理でもお風呂を入れる際、フタを外して入れる事により
体を洗うスペースをすこし暖めることは出来ます。
重要なのは急激な温度変化ですので、少しでも緩和してみましょう。

 

乾燥のかゆみその他の原因

上記では主に乾燥からくるかゆみ対策をご紹介しましたが、
乾燥やかゆみには様々な原因があります。

①自律神経の乱れ
自律神経が乱れると、体の血の流れが悪くなりその血行不良が
肌に栄養を届けることができなくなり、
肌荒れが起きやすく、また治りにくくなってしまいます。
自律神経の乱れはストレス、不規則な生活、偏食などから引き起こされますので
心当たりがある方は生活環境を見直しましょう。

②アレルギー
寝具や肌着を変えた、犬や猫を飼い始めたなど環境の変化でアレルギーを発症することがあります。
肌の保湿で乾燥・かゆみが改善されないようなら皮膚科に行きましょう。

今までなにもなかったのに、突然乾燥したりかゆみが出る場合は要注意ですので
悪化する前に病院へ行ってくださいね。

 

まとめ

毎日入るお風呂で簡単に乾燥・かゆみ対策をしちゃいましょう!

スポンサードリンク

-暮らし・アイディア
-,