こども・育児関係

インフルエンザになったら母乳で感染するの?薬の影響や断乳する場合

スポンサードリンク

毎年冬場に流行るインフルエンザ。

授乳中のお母さんが感染してしまった場合や
風邪だと思って授乳していたけど、もしかしたらインフルエンザかもしれない場合、
母乳を通して赤ちゃんに感染るのではないかと不安になるのではないでしょうか。

今回は授乳中のお母さんがインフルエンザになった場合、
母乳や子どもに影響するのか調べてみました。
644464

スポンサードリンク

母親がインフルエンザになったら母乳で感染するの?

授乳期は出産の影響で体力が低下している時期で、
実は通常よりインフルエンザにかかりやすい状況なんです。

今までかかったことが無い人も
授乳期に初めて感染してしまう可能性は十分にあります。

そんな中でお母さんがもしインフルエンザにかかってしまったら
赤ちゃんへ授乳してもいいのでしょうか?

結果からいうと
母乳から赤ちゃんにインフルエンザが感染することはありません。

まずは一安心ですね。
インフルエンザの感染経路は基本的に空気感染、飛沫感染、接触感染の3つになります。
ですので母乳を介してインフルエンザが赤ちゃんにうつることはありません。

ですが授乳する際、お母さんと赤ちゃんが密着しますよね。
その授乳時にお母さんの咳やくしゃみから赤ちゃんに感染する可能性は十分にあります。

お母さん以外にお手伝い出来る人がいる場合は直接授乳するのではなく、
できるだけ搾乳してほかの人に与えてもらいましょう。

お手伝いできる人がいなければ、触接授乳も哺乳瓶も変わらないので直接授乳して下さい。
ただし手を洗い、マスクをするなどできるだけウイルスをうつさないよう気を付けましょう。

 

インフルエンザのとき母乳に薬は影響する?

母乳から赤ちゃんにインフルエンザは感染しないことは分かりましたが、
インフルエンザ用の薬を飲んだ場合、授乳をしていいのでしょうか?

インフルエンザによく処方される薬はタミフル、リレンザ、イナビルなどです。
これらの抗インフルエンザ薬が母乳に移行するとしてもごくわずかだそうです。

赤ちゃんへの影響は少ないそうですが、
薬の服用中の授乳に関しては医師によって意見が分かれるそうで、
服用中は授乳を避けるように言う医師も多いようです。

ですが母乳の中には赤ちゃんを感染から守る細胞や物質が含まれており、
母乳を中断するとこれらの免疫を受けられなくなります。
お母さんがインフルエンザの症状を出す前にすでに赤ちゃんが感染している可能性もあり、
引き続き母乳を飲ませるほうがむしろ安全という見解もあります。
母乳の中の免疫で、赤ちゃんの感染が比較的軽症ですむというということです。

赤ちゃんや授乳の状況によって医師の判断も変わる可能性がありますので
必ず授乳期ということを伝えましょう。

医師の指示に従って一刻も早く治してくださいね。

 

インフレンザの薬によって断乳する場合

医師の指示や母乳を飲ませられない状況の際、
誰かにお願いして粉ミルクを飲ませようと思うかもしれません。

ですが授乳を止めてしまうと母乳が詰まってしまい、
「乳腺炎」になるリスクもあります。

体調が悪い中で授乳・搾乳するのは辛いと思いますが、
できれば3~4時間ごとに搾乳するようにしましょう。

高熱での汗+搾乳で
お母さんの身体からはみるみる水分が失われていきます。
脱水にならないようにお母さん自身が十分に水分補給をして下さい。

 

まとめ

お母さんの体調が悪いと育児もかなりしんどいですよね。
普段の健康がどれだけありがたいことだったか気付かされます。
つらいでしょうが、無理をしないで
一刻も早く体力が回復するのを祈っています。

スポンサードリンク

-こども・育児関係
-,